裁判員「メモなし」で本当に大丈夫?

http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2009070490173039.html

最高裁によると、全国で行った模擬裁判を検証したところ、裁判員が法廷でメモを取ることについて消極的な裁判官が大半を占めた。理由は、(1)目の前のやりとりに気が回らなくなる恐れがある(2)やりとりを忘れても評議の際に映像で確認できる−だった。
法廷には、カメラとマイクで発言内容とその様子を録音・録画する音声認識システムが設置される。キーワードや発言者を入力して検索すると、知りたい発言部分が映像と文字で再生できる。
これに対し、埼玉や大阪などの弁護士会は速記録の活用を求めている。埼玉弁護士会は五月、評議での音声認識システムの映像の利用について「正確な証言を必要に応じて確認しながら行うことは困難」と会長声明で指摘した。
速記官による記録は、文字の誤変換トラブルが起きる音声認識システムとは違って正確で、書面なら証人の発言内容を比較検討しやすいなどの利点がある。今では、キーを打ち込むと即座に日本語の文字に変換される電子速記装置が普及。関東の女性速記官は「審理終了と同時に裁判員に速記録を手渡すことは技術的に可能」と話す。

音声認識システムは、かなり精度が良くないようで、どこまで実用に耐えられるかどうかという疑問もあり、上記のような弁護士会の提言になっているのでしょう。
現実的には、速記官による速記の活用が望ましいように思いますが、裁判所は、既に速記官養成をやめてしまっていて、このままでは、今後、速記に依存することは次第にできなくなるので、裁判員制度を支えるという観点から、速記制度の存続を目指すべきなのかもしれません。
情報を認識する際に、メモを取ることで身につく人もいれば、そうではない人もいて、人それぞれですから、裁判員がメモを取ることをあまり強く制止したりするのもどうかと思いますが、細かくメモを取りすぎると、話す証人や被告人の表情等に目が行かなくなり、微妙な心証が取りにくくなる恐れもあるので、メモを取るとしても、メリハリをつけあまり細かくなりすぎないようにしたほうが良いのではないかと思います。

主要ホテル低迷、大阪は稼働率最低の61% 東京も「採算割れ」

http://www.nikkei.co.jp/news/sangyo/20090704AT1D0307Q03072009.html

日本経済新聞社が東京22、大阪18の主要ホテル稼働率を調べた。稼働率は実際に宿泊した部屋を全客室数(改装中を含む)で割った数値で、一般に80%以上が健全経営の目安。70%を割ると、営業赤字に陥りやすいといわれる。東京の平均稼働率は前年同月に比べて6.2ポイント低下。大阪は前年比17.1ポイントも下がり、重症急性呼吸器症候群(SARS)が流行した近年最低の2003年5月の67.8%も大きく下回った。

景気低迷の影響が、こういったところにも顕著に出ているんでしょうね。
私は、時々出張する際、

http://www.ikyu.com/

で宿泊予約をすることが多いのですが、検索しながら見ていると、「高い」というイメージのあるホテルで、意外にかなり安く宿泊できるプランがあったりすることがあって、集客のためかなり無理して価格設定をしているのだろうなと感じることがあります。
景気が回復し、ビジネスのため人が活発に動くようにならないと、上記の記事にあるような厳しい状況は回復へは向かわないものと思われ、ホテルによっては経営に行き詰まってくるところも、今後、出てくるかもしれません。

テコ入れも採算の道険し スタートから半年 NHKオンデマンド苦戦

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090705-00000047-san-soci

関係者によると、NODの計画段階では「新しい番組が日々放送される中、どれだけの視聴者が古い番組にお金を払うか」「赤字を解消できないと説明がつかない」など、NHK内部でも批判的な見方があった。開始に踏み切ったのは、一部の幹部らの強い意向があったためといわれる。

まだ登録していなかったので、この記事を見て、すぐに登録した上、サイトを見てみましたが、まず観てみたいと思ったのは、「その時歴史が動いた」でした。私の場合、その種の歴史物は好きなので、それ以外のコンテンツも含め、観たいと思いますが、どこまでその時間があるかが問題でしょうね。
私が、先日、DVDボックスを買ったドラマ「ハゲタカ」も有料で視聴できるようになっていて、パックで1470円になっていましたが、14日以内に観る必要があり、1万円弱とはいえ、いつでも観ることができ中古で売却もできるDVDボックスとどちらが得かは微妙だな、と思いました。
今のところはないようですが、1か月でこの時間内の利用であれば何を観ても定額、といったコースもあると魅力的でしょう。

刑法(平成19年法律第54号による改正前のもの)208条の2第2項後段にいう赤色信号を「殊更に無視し」の意義(最高裁第一小法廷平成20年10月16日決定)

判例時報2039号144ページ以下に掲載されていましたが、これについては、以前、本ブログで、

http://d.hatena.ne.jp/yjochi/20081019#1224345441

とコメントしたことがあります。
また、その後、この種の事故が問題になったケースで、危険運転致死罪適用が見送られたことについて、

http://d.hatena.ne.jp/yjochi/20090623#1245757647

とコメントしたことがあります。
判例時報のコメントでは、

赤色信号についての認識が未必的であったとしても、そのような未必的な認識の赤色信号におよそ従う意思のない場合には、未必の故意ではなく、確定的故意があるといえるからである

としていて、確かに、理屈としてはそうなるのかもしれませんが、実務上、上記のような「赤色信号についての認識は未必的」「しかし赤色信号におよそ従う意思がなく確定的故意」かどうかは、専ら、被疑者、被告人の供述に依存しないと認定が極めて困難で、今後、この問題点が、危険運転致死罪の場合は裁判員裁判の中で問題になることを考えると、裁判員を含んだ裁判体による事実認定上、かなり難しい認定になる可能性は極めて高いように思われます。

郵便不正、厚労省前局長を起訴…偽証明書一貫して否認

http://osaka.yomiuri.co.jp/news/20090705-OYO1T00297.htm?from=top

容疑者は他の3人と共謀し、企画課長だった2004年6月上旬頃、活動実績がない凛の会を障害者団体と認める偽の証明書を発行した、とされる。

前局長は全面否認、他の共犯者、関係者は認めている、ということですから、今後は、元局長も関与していたとする共犯者、関係者の供述の信用性が大きく問題になるでしょう。
この起訴の、さらに先に来るものは何か、何が狙われているか、ということも、気になるところです。

メールマガジンの創刊

まぐまぐプレミアムのシステムを利用し、メールマガジンを始めることにしました。明日(平成21年7月6日)創刊です。登録・解除は、本ブログの横に表示されているバナーから入って行うことができます。

http://www.mag2.com/m/P0008137.html

購読申込には、まぐまぐプレミアムの会員登録(無料)が必要になります。私も、メルマガ創刊にあたり登録してみましたが、難しさはありませんでした。
購読料は月額525円(税込)で、毎週月曜日配信になります。年中無休で、月曜日が祝祭日の場合も発行します。
購読申込当月の購読料は無料です。詳しくは、

http://premium.mag2.com/aboutcampaign.html

をご覧ください。
内容については、当面、

1 前の週のブログエントリー中、特に注目すべき話題等についての分析、検討
2 事件、事故、様々な事象についての分析、検討
3 刑事事件等のこぼれ話(エピソードなど)

といったことを予定していますが、固定的に考えず、ご意見、ご要望を踏まえつつ、読みやすく読者の皆様に役立つような内容にしたいと考えています。
よろしくお願いします。

創刊1号(2009年7月6日):ドラマ「スマイル」雑感・捜査は逮捕に始まる?