“あおり運転罪”創設を提案…罰則強化し「懲役3~5年」の刑罰を

“あおり運転罪”創設を提案…罰則強化し「懲役3~5年」の刑罰を(TOKYO MX) - Yahoo!ニュース

相手の車の運転手が、怪我をしたり死亡したりすることによって初めて、「15年以下の懲役」などの刑が課せられる危険運転致死傷罪が適用されるそうです。そのため警察庁は、穴埋め的な意味であおり運転に暴行罪を適用するよう全国の警察に指示していると言います。

道路交通法では、68条で、

二人以上の自動車又は原動機付自転車の運転者は、道路において二台以上の自動車又は原動機付自転車を連ねて通行させ、又は並進させる場合において、共同して、著しく道路における交通の危険を生じさせ、又は著しく他人に迷惑を及ぼすこととなる行為をしてはならない。 

と、「共同危険行為」が禁止されています。暴走族取締を想定した規定です。

しかし、現在では、単独であっても、あおり運転により危険、迷惑を及ぼすことが頻発していますから、68条を改正し、単独の運転であっても「著しく道路における交通の危険を生じさせ、又は著しく他人に迷惑を及ぼす」ものであれば処罰することにすべきでしょう。

現行の共同危険行為の法定刑は2年以下の懲役または50万円以下の罰金ですが、懲役刑については5年程度までの引上げが妥当でしょうし、そのような危険、迷惑行為により人を死傷させた場合、傷害の罪と比較し重きに従う、としておけば、傷害が発生した場合は傷害罪の法定刑、死亡した場合は傷害致死罪の法定刑で処断できます。

それくらいの思い切った処罰規定にしておかないと、道路の安全は維持できないと思います。

 

 

 

12.9型の新型iPad Proを2週間使って見えた良い点悪い点

ASCII.jp:12.9型の新型iPad Proを2週間使って見えた良い点悪い点 (1/2)|iPad Pro、MacBook Air、Mac mini……アップル2018年10月新製品まとめ

そしてこれは使う前からわかっていたのですが、防水非対応なのはやはり不便です。あまり贅沢言うまいと、防水対応のタブレットも併用していますが、アップルのコンテンツサービスをお風呂でじっくり楽しみたいときもあるのです。マイク・スピーカーの音質に影響を与えたり、コストが上がるのかもしれませんが、タブレットだってスマホと同様に水辺、水回りで使うことはあるので、次期モデルではぜひ防水に対応してほしいところです。

 私は、11インチの新iPadを導入して使っていますが、ホームボタンがなくなり新iPhoneと同様の操作感で使えて快適ですし、iPhoneにはある上部のノッチがなくて、実にすっきりとした画面になっているのも気に入っています。

12.9インチは、より大きくなりますが、私はiPad電子書籍や新聞などをかなり読むので、サイズとしては11インチのほうを選択しました。人により、使い方によって、サイズは別れるでしょう。

iPhoneが防水に対応し、確かに、iPadも防水対応になってほしい気はします。入浴しながらコンテンツを楽しみたいといった需要も多くあるでしょうから、今後の課題でしょう。

また、iPhone有機ELの鮮やかな画面に慣れると、そうではないiPadでは、微妙に鮮やかさが落ちる気がして、ちょっと残念さがあります。そこも今後に期待したいものです。

とはいえ、新iPadも良い出来で、買って損はないと思います。

「Galaxy Watch」はApple Watchの対抗馬になりえるか?

「Galaxy Watch」はApple Watchの対抗馬になりえるか? - Engadget 日本版

Bixbyが日本語未対応であることなど、一部惜しいところはありますが、そこにこだわらないのであれば、魅力的なモデルだと思います。本記事で紹介していない機能も実はまだまだたくさんありますし、Galaxyユーザーならとりあえず買って損はありません。価格は、46mmモデルが4万2984円、42mmモデルが4万824円。

 私は、現在、Apple Watch4を使っていて、実に便利で気に入っているのですが、こういったAndroid系の時計にも前から関心を持っています。徐々に良くなっているようで、記事で紹介されているGalaxy Watchには大きな関心も持ちました。

本命はAndroidユーザーということになると思いますが、こういったSmart Watchは、一度使い始めるとやみつきになる便利さがあり、Androidユーザーにとっては、今後の動向に注目すべきものがあるでしょう。

すぐには買わないと思いますが、今後、導入は常に私の視野内にあると思います。

 

iPhoneやiPadをテレビにミラーリングする3つの方法

AirPlay以外にも! iPhoneやiPadをテレビにミラーリングする方法 | ライフハッカー[日本版]

iOSバイスのコンテンツを、テレビ、プロジェクター、その他のHDMIディスプレイで見る方法はいくつかあります。それに、ミラーリングは単なる画面の出力ではありません。iPhoneiPadを使って、動画や音楽を鑑賞しながら、同時にSNSやウェブを楽しむことができるのです。

普通のテレビで、よほど古いものでない限り HDMI端子が付いてて、それをうまく利用しつつ、こういったミラーリングをすることで、大画面でコンテンツが楽しめます。テレビなら、旅先でもどこでも使えますから便利です。

そのための、何か、固定的に使える良い方法はないかと考えているところだったので、この記事は参考になりました。

iPhoneのような端末があれば、こうしてコンテンツを思い切り楽しめて、良い時代になったものだと思います。

<東京地検>会見で、ゴーン事件「インサイダーより重い」

<東京地検>会見で、ゴーン事件「インサイダーより重い」(毎日新聞) - Yahoo!ニュース

東京地検の久木元伸次席検事は22日記者会見し、ゴーン前会長の事件に関し「一部には形式犯のように言う方もいるが、有価証券報告書の虚偽記載は、金商法の罰則の中では最初に出てくる一番重い部類の犯罪で、インサイダー事件などより重い」と強調した。

久木元次席検事は、私と同期任官(司法修習41 期 )で、あちらは東京地検次席検事、こちらはしがない弁護士、選挙に出れば泡沫候補と、30年も経つと、随分と差が出るものだと思います。

それはともかく、有価証券報告書は、関係者に対し会社の状況について情報提供する重要な書類で、それを偽ることは、単なる形式犯で済むものではないというのはその通りでしょう。

ただ、日産の有価証券報告書の全体の規模の中では、問題となっている虚偽記載は相対的にごく小さなものであるのも事実です。

なぜ、これで立件、逮捕までという疑問に対し、検察当局が答えとして出そうとしているのは、おそらく、より実質感のある余罪(特別背任、業務上横領等)での立件ではないかと私は見ており、それがないのに、有価証券報告書虚偽記載だけで終わらせるつもりなら特捜部による立件、逮捕はなかったのではないかと感じています。

何が狙いであったかは、今後、明らかになるでしょう。

 

<東京地検>日産社長から任意聴取 虚偽記載で法人立件検討

<東京地検>日産社長から任意聴取 虚偽記載で法人立件検討(毎日新聞) - Yahoo!ニュース

関係者によると、東京地検特捜部は、ゴーン会長の役員報酬額を有価証券報告書に少なく見せる不正に関与したとみられる執行役員らと司法取引に合意。この執行役員らに対する刑事処分などは軽減されるとみられる。一方、法人としての日産との間では司法取引は適用されていない模様で、日産は金融商品取引法違反で起訴される可能性がある。

 あくまで推測ですが、かなり早期に、日産から東京地検特捜部、証券取引等監視委員会(SEC)へ通報が行われ、特捜部やSECも大きく関与しつつ、解明が進んできたのではないかと私は見ています。そういう経緯であれば、「司法取引で会社を免責してください」という流れには、おそらくなりにくく(会社としては、そういうことよりも真相解明を優先すべきと考え動いたでしょう)、法人としての責任も問題になるというのは、ごく自然な流れのように思います。

ただ、法人への求刑罰金額は検察が決めるもので、会社としては、協力すれば検察の心証を好転させて求刑、量刑上での良い方向での影響が期待できますし、日産にしてみれば、罰金が最高額になっても痛くもかゆくもない金額ですから、そういうことよりも、むしろ個人の刑事責任のほうに大きな関心を持っているだろうと私は推測します。

日産の情報提供の背後にルノーとの確執?検察は年内の再逮捕を狙う?カルロス・ゴーン容疑者の異例の逮捕劇に残る疑問点

日産の情報提供の背後にルノーとの確執?検察は年内の再逮捕を狙う?カルロス・ゴーン容疑者の異例の逮捕劇に残る疑問点(AbemaTIMES) - Yahoo!ニュース

落合洋司氏「検察はもう1件やりたいのではないか。年内に再逮捕もありうる」

 また、元東京地検公安部の検事で、弁護士の落合洋司氏は「現時点では推測するしかないが、内部通報を受け、社内で突っ込んだ調査がなされたのであれば、確実にカルロス・ゴーン容疑者やグレッグ・ケリー容疑者の耳にも情報が入っていたと思う。そうなれば権力を持っている彼らは調査を潰しにかかってきたはずだ。つまり、いかにも内部調査を行ってきたような書き方になっているが、実際は社内の極めて限られた人たちのみがその情報を把握していて、かなり早い段階で検察庁証券取引等監視委員会に通報、その捜査に協力してきたという可能性が高いのではないか。また、内部告発は純粋な正義感だけでなく、恨みつらみなど様々な背景を持って行われるもの。ゴーン氏の場合は前妻とうまくいっていなかったなどの記事も出ているし、そのようなものも情報源になっている可能性がある」と推測。

 19日夕方に、突如として「逮捕へ」というニュースが出てきて、AbemaTVから急きょ依頼され、同日夜のニュースに生出演したものでした。

昨日夜の時点では、今日よりもさらに情報が限定されていましたが、振り返って自分自身の発言内容を見て、それほど外れたことは言っていなかったようで、ちょっとほっとしています。

今日になって、捜査の過程でいわゆる司法取引(協議・合意制度)が利用されたという報道がされていて、組織を舞台にする知能犯においては、うまく利用すれば大きな手段、武器となる制度ですから、今後、こういった事件での利用はさらに進むのではないかと予想されます。

日産の説明でも、逮捕容疑となっている金融商品取引法違反事件(有価証券報告書の虚偽記載)の他にも、不正行為が存在していることが示唆されていますから、今後、余罪の立件、再逮捕へと流れることは十分にあり得ることで、今後に注視する必要があると思います。