刑事、コンプライアンス、インターネットの分野を中心に活動する元検事、元ヤフー株式会社法務部勤務の弁護士です

ブログやツイッターをご覧いただき、ありがとうございます。2004年6月以来、様々な事件、事故、事象についてコメントし現在に至っています。本ブログ内の検索機能も利用されつつ、気楽にご覧いただければと思います。
テレビ等、各種メディアの取材を受けることが時々あります。その一端は、

http://tvtopic.goo.ne.jp/cast/cid/75233/0/0/1.html

を参照してください。
取材を受けこのように紹介されることもあります。

元検事の弁護士で、1989年に任官後、11年5か月、捜査・公判に従事し、弁護士に転じた後、2000年から2007年までは、ヤフー株式会社法務部でも勤務していました(ネットトラブル全般を担当)。
取扱分野や過去の活動状況等は、

http://d.hatena.ne.jp/yjochi/about

の通りです。
刑事事件全般のほか、民事、刑事両面にまたがる問題、インターネットが絡む問題について相談、依頼を受けることが比較的多い状況です。紛争事前防止、紛争発生後の顧問・コンサルティング、警察・検察やマスコミへの対応も依頼されることがよくあります。社外取締役監査役等についてもお気軽にご相談ください。
民事に関する各種紛争、離婚、相続等、民事・家事事件についても対応しています。
取材、講演(刑事司法全般、過去及び現在進行中の刑事事件、インターネットに関する諸問題、コンプライアンス等)についても、幅広く対応可能です。
特に、刑事事件は、迅速な対応が、より適切、妥当な結果へとつながる場合が多いため、早めのご相談をお勧めします。
対応エリアは日本全国で、海外についても事案の内容等により可能です(海外出張についても可能な限り対応します)。
なお、
安田 剛弁護士
http://d.hatena.ne.jp/takanawa2009/20150126/1422253673

と協力関係にあります。

お問い合わせは、本ブログのリンク集にある「お問い合わせ」フォームからお願いします。
お急ぎの場合は、

   050-5274-1118

へ。
なお、いずれのお問い合わせにも、内容により返信できない場合がありますので、予めご了承ください。言うまでもありませんが、いたずら等は厳禁します。

追記(平成21年7月5日):

メールマガジンを始めます。平成21年7月6日創刊です。

http://d.hatena.ne.jp/yjochi/20090705#1246798142

このエントリー横の「メルマガ登録・解除」をご参照ください。

追記(平成26年6月22日)

クレジットカードによる御支払が可能になりました。

Square
https://squareup.com/jp

のシステムに依っています。御利用可能金額の制限などがありますので、詳細は御利用の際に説明します。

侍従長の回想(講談社学術文庫)

 

侍従長の回想 (講談社学術文庫)

侍従長の回想 (講談社学術文庫)

 

 昭和19年から21年まで、昭和天皇侍従長を務めた著者による回想記で、戦局が特に厳しくなった以降の、昭和天皇による聖断を経た終戦終戦直後の昭和天皇やその周辺の動き、姿が生々しく語られています。

昭和天皇が、明治憲法における天皇の在り方として、専制君主ではなく立憲君主であり、内閣が決定した開戦は裁可せざるを得なかったが、終戦については内閣では決めかね、求められたので意見を述べたと語っているのは、戦後も一貫して語られていたことで、昭和天皇としては、このような考えで明快に一貫していたのであろうと、改めて感じました。終戦に当たっての「聖断」スキームは、昭和天皇も語るように、鈴木首相と昭和天皇の間の強固な信頼関係あってこそのものであり、そういう手法での回避ができなかった開戦は不幸であり、なんとか終戦に持ち込めたのは、鈴木首相という余人をもって代えがたい人物を首相に戴いての幸運であったと言うしかないでしょう。

Kindleでも読めますので、興味、関心ある方にはお勧めします。

 

はてなダイアリーからはてなブログへ引っ越しました

先日、はてな社からはてなダイアリーのサービスを終了し、はてなブログへ一本化することが発表されました。私自身、2004年6月からはてなダイアリーでブログを継続し、一昨年だったか、はてなの創業者である近藤元社長とたまたま会った際に、はてなブログへ移行しないんですかと聞かれ、面倒なのでしませんと答えていたのですが、とうとう移行すべき時が来たと悟り、移行作業に入りました。9月16日に、その作業がやっと終わり、ダイアリーからブログへリダイレクトする設定にもしましたので、今後、こちらで書くことにします。

面倒くささが先に立って、なかなか移行できずにいたのですが、移行してみると、見た目や機能など、はてなブログのほうが新しいだけに良い点もいろいろとあって、追い追い、慣れながら使っていこうと考えています。

当面、慣れなくて、時にお見苦しい点があるかもしれませんが、こちらでも、引き続きよろしくお願いします。

 

 

元東京地検検事「スルガ銀が責任追及に踏み出すべき」

https://www.asahi.com/articles/ASL9B41QJL9BUUPI002.html

東京地検検事の落合洋司
今回の不正は、デタラメぶりがすごすぎて、コンプライアンス(法令や社会規範の順守)を論じる以前のレベルだ。もはや銀行の体さえなしていないのではないか。
三者委が認定した不正行為だけでも、多くの行員が私文書偽造や詐欺、背任などの罪で刑事責任を問われる可能性がある。これから信用を回復していくには、まずは銀行が率先して責任追及する姿勢を示し、刑事告訴や告発にも踏みだすべきだ。スルガ銀が捜査に非協力的なようだと、構図が複雑なだけに事件化が難しくなるおそれがある。
貸し倒れのリスクで銀行業績は大幅に悪化し、株価の暴落で株主にも大きな損失を与えた。不正を許した経営陣も含め、民事上の責任を明確にすることも避けて通れない。これだけ悪質で組織的な不正をうやむやにしようとすれば、銀行として再建することもままならなくなるだろう。

ちょっと古い話になりますが、私は、平成8年に、東京地検公安部所属のまま、特捜部へ応援で出されて、住専住宅金融専門会社)関係の不正事案の内偵をやっていたことがあります。ダンボールで山積みになっている資料を、ダンボールごと部屋へ持ってきては、融資関係の資料を朝から深夜まで検討することを、2、3ヶ月くらいだったか、やっていました。そういう経験やその後の検事、弁護士としての経験もあって、銀行というものが融資をする際の流れ、考え方はそれなりに理解しているつもりです。
当時と、上記のスルガ銀行の状況は、時代も環境も異なりますが、銀行、それもそれなりの規模の地銀である以上、守るべきルールとか踏み出してはいけない大枠のようなものがあるはずなのに、明るみになっているところでは、ルールは無視、踏み出してはいけない大枠からも大きく踏み出してしまっていて、もはや、あるべき銀行の体をなしていないという印象を、第三者委員会の報告書から強烈に受けました。野盗やならず者が銀行員の皮をかぶって銀行をやっていたと言っても過言ではないでしょう。
こういう銀行は、この世の中から完全に消えてなくなるべきだと思いますが、存続したいのであれば、徹底的に、責任追及も厳しく行なった上で膿をすべて出しきる必要があると思い、そういう思いで上記のようにコメントした次第です。

高速で自損事故 そこに追突... 1歳と2歳のきょうだい死亡

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180915-00036334-houdouk-soci

自損事故を起こしたワゴン車は、道路に飛び出してきた小動物を避けようと、急ブレーキをかけるなどしてスリップしたということで、警察で、さらにくわしく事故の原因を調べている。

このように、追い越し車線で事故車が停車、そこに後続の車が追突して重大事故というパターンは、過去にも繰り返し起きていて、高速道路上の事故としては要注意と思います。要注意なのですが、追い越し車線では、どうしても速めの速度でぐいぐいと走りがちで、前方に何かが停まっているという発想は、通常、ないですから、それだけに危険です。特に夜間、未明は、前方の見通しが昼間よりも制約されますから危険性が増します。上記の記事の事故も未明に発生しています。
こういうことがあり得るということを、できるだけ念頭に置いて走行する必要があると思いますし、前方で追越車線を塞ぐような事故が起きた際に、後続車両にそれがわかるような(中央分離帯うえの非常用ランプが点滅するとか)仕組みもあれば、という気がしました。

ニュースキャスターの浜尾朱美さん死去

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180914-00000175-jij-soci

ニュースキャスターに転身し89年10月から「筑紫哲也NEWS23」のキャスターを8年間務めた。

私が検事に任官したのは1989年ですが、浜尾さんがキャスターを務めていた当時、よくニュース23を見ていた記憶があります。慢性的に忙しくて、帰宅するのは午後10時とかそれくらいになることが多く(もっと遅くなることもありましたが)、帰宅して見るニュース番組としてちょうど良かったということもありましたし、筑紫哲也氏のコメントや、浜尾さんが歯切れの良くニュースを読むのも好印象でした。浜尾さんは、私と同じ早稲田大学出身ということで親近感もありました。
あの頃のことを思い出すときには、ニュース23とともに浜尾さんのことを、今後も思い出すことでしょう。早逝は残念ですが、思い切りよく人生を駆け抜けた方という印象を、今は受けています。ご冥福をお祈りします。

アップルが新型iPhone「iPhone Xs / Xs Max」発表

https://www.fashion-press.net/news/42974

2017年に発表されたフラッグシップ機「iPhone X」の後継機となる5.8インチの「iPhone Xs」および6.5インチの「iPhone Xs Max」。有機ELのスーパーレティナディスプレイを搭載し、3Dタッチの精度向上、60%優れたダイナミックレンジによる優れたカラー表現、防水仕様などが主な特徴だ。
ストレージは64GB、256GB、512GBの3種類で、価格は「iPhone Xs」が112,800円、「iPhone Xs Max」が124,800円から。
廉価モデル的な位置付けの「iPhone XR」も同時に発表された。

今年は、例年通り、むしろ、例年以上に、事前の「噂」が先行していて、ほぼ噂通りの発表になったという印象ですね。関わる関係者が多くて、どうしても漏れてしまうのはわかりますが、サプライズがないのはちょっと残念な思いもします。
それはともかく、確実に性能の向上を図ってきたな、と嬉しく思いつつも、価格の高さには驚きました。iPhoneXsMaxの256Gモデルになると、税込で15万円を超える価格になってきて、スマートフォンというよりパソコンの価格になっています。利用者の負担は大きいと言わざるを得ません。その辺が、今後、アップルにとって吉と出るか凶と出るか、興味深いものがありますし、Androidのハイエンド機種のほうが相対的に求めやすい価格になっていますから、乗り換える動きもある程度は出そうな気もします。しかし、iPhoneの魅力は大きく、無理をしても買うという人は、やはり多いでしょう。
個人的には、DSDS(DualSim DualStandby)が導入されたことに関心を持っています。ただ、Simのうち1つは、中国でのものを除きeSimとのことで、今後、特に日本で、どのような運用が可能かどうか、引き続き関心と持ちつつ見ていきたいと考えています。