刑事、コンプライアンス、インターネットの分野を中心に活動する元検事、元ヤフー株式会社法務部勤務の弁護士です

ブログやツイッターをご覧いただき、ありがとうございます。2004年6月以来、様々な事件、事故、事象についてコメントし現在に至っています。本ブログ内の検索機能も利用されつつ、気楽にご覧いただければと思います。
テレビ等、各種メディアの取材を受けることが時々あります。その一端は、

http://tvtopic.goo.ne.jp/cast/cid/75233/0/0/1.html

を参照してください。
取材を受けこのように紹介されることもあります。

元検事の弁護士で、1989年に任官後、11年5か月、捜査・公判に従事し、弁護士に転じた後、2000年から2007年までは、ヤフー株式会社法務部でも勤務していました(ネットトラブル全般を担当)。
取扱分野や過去の活動状況等は、

http://d.hatena.ne.jp/yjochi/about

の通りです。
刑事事件全般のほか、民事、刑事両面にまたがる問題、インターネットが絡む問題について相談、依頼を受けることが比較的多い状況です。紛争事前防止、紛争発生後の顧問・コンサルティング、警察・検察やマスコミへの対応も依頼されることがよくあります。社外取締役監査役等についてもお気軽にご相談ください。
民事に関する各種紛争、離婚、相続等、民事・家事事件についても対応しています。
取材、講演(刑事司法全般、過去及び現在進行中の刑事事件、インターネットに関する諸問題、コンプライアンス等)についても、幅広く対応可能です。
特に、刑事事件は、迅速な対応が、より適切、妥当な結果へとつながる場合が多いため、早めのご相談をお勧めします。
対応エリアは日本全国で、海外についても事案の内容等により可能です(海外出張についても可能な限り対応します)。
なお、
安田 剛弁護士
http://d.hatena.ne.jp/takanawa2009/20150126/1422253673

と協力関係にあります。

お問い合わせは、本ブログのリンク集にある「お問い合わせ」フォームからお願いします。
お急ぎの場合は、

   050-5274-1118

へ。
なお、いずれのお問い合わせにも、内容により返信できない場合がありますので、予めご了承ください。言うまでもありませんが、いたずら等は厳禁します。

追記(平成21年7月5日):

メールマガジンを始めます。平成21年7月6日創刊です。

http://d.hatena.ne.jp/yjochi/20090705#1246798142

このエントリー横の「メルマガ登録・解除」をご参照ください。

追記(平成26年6月22日)

クレジットカードによる御支払が可能になりました。

Square
https://squareup.com/jp

のシステムに依っています。御利用可能金額の制限などがありますので、詳細は御利用の際に説明します。

岡口裁判官に「戒告処分」…ツイッター投稿めぐり、最高裁「国民の信頼損ねた」

岡口裁判官に「戒告処分」…ツイッター投稿めぐり、最高裁「国民の信頼損ねた」(弁護士ドットコム) - Yahoo!ニュース

岡口裁判官は、記事のURLとともに「え?あなた?この犬を捨てたんでしょ? 3か月も放置しておきながら…」「裁判の結果は…」などと投稿。東京高裁の林道晴長官が7月、当事者の感情を害したとして、懲戒を申し立てていた。
決定によると、最高裁判所は、岡口裁判官のツイートについて「表面的かつ一方的な情報や理解のみに基づき予断をもって判断をするのではないかという疑念を国民に与えた」「当該原告の感情を傷つけるものであり、裁判官に対する国民の信頼を損ね、また裁判の公正を疑わせるものでもあるといわざるを得ない」と判断した。

 本件を見る際に重要なポイントは、記事にあるように「URLとともに」という点で、このようなツイートを見る通常人は、単にツイートの本文だけでなくリンク先も併せて読むものでしょう。

名誉毀損判例上、通常の能力を要する一般人の読み方を基準にすることが確立されていますが(本件のようなケースでもそこを基準にするのが妥当でしょう)、そのような読み方を前提とすると、本文は、「表面的かつ一方的な情報や理解のみに基づき予断をもって判断をするのではないかという疑念を国民に与え」るようなものではそもそもなく、本件の問題点を簡潔に紹介しつつ読み手をリンク先へと誘導する性質のものと見るべきです。「当該原告」がどのように感じたかよりも(それを言い始めれば原告、被告、当該裁判関係者がネガティブに感じるようなことは、裁判官は一切表現できなくなり判例評論も不可能になるでしょう)、あくまで一般人、一般国民がどう感じるようなものであったかを客観的に見る必要があり、「裁判官に対する国民の信頼を損ね、また裁判の公正を疑わせるもの」という最高裁の評価が全くの的外れであることは明らかだと思います。

SNS等で、このように、簡潔に紹介した上でリンクを張ることは、よく行われていますが、その際に、いちいち、深く掘り下げて当事者双方の主張に配慮した紹介文を、裁判官は付さなければ「国民の信頼を損ね、また裁判の公正を疑わせる」という、噴飯ものの判断であり、最高裁の汚点として長く歴史に残ることになったのは残念です。

 

Apple Watch Series 4 レビュー:大きな飛躍を遂げたスマートウォッチ

Apple Watch Series 4 レビュー:大きな飛躍を遂げたスマートウォッチ(ギズモード・ジャパン) - Yahoo!ニュース

まとめ

・大きくなったぶん、バッテリー寿命が微妙に短くなっている。

・優れたスマートウォッチ。ディスプレイが大きくなってApple Watch全体の操作性は向上した。

・Series 3を持っているなら無理して買い替える必要なし。Series 3より古いApple Watcheからの買い替え、または初めて購入するなら、Series 4は買い。

・もっとも注目の心電図(ECG)機能はまだ使えない。

・転倒検出機能はケガをするくらいリアルな転倒じゃないとテストできない。

 私は、Apple Watch Series 2を1年半ほど使っていて、もうしばらく使うつもりでいたのですが、Apple Storeへ行って現物を見たりしているうちに欲しくなり、腕にはめていた2をその場で下取りに出して4を購入しました。

42mmが44mmになって心持ち大きくなり、より見やすくなった上、画面の綺麗さは明らかに向上しています。セルラータイプを選択して、仕事や取材でよく使う番号を入れたので、iPhoneから離れていても電話での受発信ができるのは便利で安心感があります。OSのアップデートもあって選択できる画面デザインの選択肢も増えていて、腕時計としての質感もより向上している印象を受けています。

今後の腕時計の、いくつかある流れの中の大きな一つとして支持される、そういう存在を、より確固なものとしてきているという感じですね。

今後も、毎年、この時期に新型が出ることが予想されますので、新型の性能を見つつ、2年を目処に買い替えを検討しようかと考えています。

駿府城から「秀吉」遺構=金箔瓦や石垣見つかる―静岡

駿府城から「秀吉」遺構=金箔瓦や石垣見つかる―静岡(時事通信) - Yahoo!ニュース

駿府城は家康が江戸城へ移った後に、秀吉の家臣中村一氏が入城。家康が晩年に再び駿府城に入り、大改修をしたとされる。これまで中村時代の駿府城についての詳細は分からず、幻の城となっていた。

 大坂城もそうですが、織豊期までに築かれた城が、その後、徳川期にかけて、その上に「上書き」されるような形で新しい城へと変遷していく、その中で埋もれてしまった古いほうの城の実像は、なかなか解明されていないだけに興味深いものがあります。

駿府城は、「大御所」として君臨した徳川家康が、江戸の将軍との間で、一種の二重権力状態にあった当時の城でもあり、その意味でも、今後の更なる研究による実態解明に期待したいと思います

 

 

iPhone XS MaxはiPad miniの代わりに使える? 使えない? - 前編

iPhone XS MaxはiPad miniの代わりに使える? 使えない? - 前編 (1) 歴代もっともiPad miniと大きさが近い新iPhone | マイナビニュース

というのも、1ページ目の表からも分かるように、iPhone XS Maxの長辺(157.5mm)は、iPad mini 4の短辺(134.8mm)よりも広いからだ。実際には製品の横幅=画面の幅ではないとはいえ、横幅いっぱいにドキュメントを表示すれば、iPhone XS Maxのほうがドキュメントをより大きく表示できてしまう。

 私も、読書で愛用しているiPad mini4の新型が、もう出ないのであればどうしようかと考える中でこの記事に接し、興味深く読みました。

確かに、先日、iPhoneXS Maxを横向きにしてkindleで読書してみたところ、横幅がある分、ワイドな感じで読みやすく感じて、これはkindle読書に向いているのではないかと思いました。後は、おそらく慣れの問題で、慣れてしまえば快適にkindle読書はできそうな気がしました。記事にあるように、ドキュメントの閲覧等が横向きで快適にできるのであれば、iPad mini4の代替は十分あり得るでしょう。

後編も是非読んでみたいと思います。

 

Googleの「Pixel 3/3 XL」はiPhoneの対抗馬になるか? カギは「AI」にあり

Googleの「Pixel 3/3 XL」はiPhoneの対抗馬になるか? カギは「AI」にあり(ITmedia Mobile) - Yahoo!ニュース

これだけのAIを実装できるメーカーはまだ少なく、ブランド力の高いGoogleスマートフォンということで話題性も十分だ。ワイモバイルが販売するAndroid Oneがヒットしていることを考えると、ピュアAndroidを求めるニーズは決して小さくない。Googleが直接手掛けているため、アプリ開発者の需要も取り込める。iPhone対抗馬に育つにはまだ時間がかかりそうだが、Nexusシリーズのときよりも一般のユーザーに広がる可能性は高いといえる。

 かなり話題になっていて、私も、関連記事を目につくと読んでいるのですが、AIの活用など、Googleが考えるスマートフォンの理想像が感じられ、その高性能とともに興味深いものがありますね。Androidのハイエンド機を求めようとしている人にとっては有力な選択肢になると思います。

ただ、iPhoneにどこまで対抗できるかということになると、iPhoneは、その性能だけではなく、アプリの豊富さやiCloudの便利さ、他のアップル製品との連携の良さや世界的に支えられた高いリセールバリュー、通信キャリアが販売に力を入れることなど、様々な要素を積み重ねた総合力で優位に立っており、Googleと言えども、その牙城を崩すのは大変なことでしょう。Androidというものが、そもそもオープンなシステムで各メーカーがそれぞれの個性を出しつつバリエーションある製品を出してきたことに特徴があって、PixelだけでiPhoneに対抗するという発想自体がAndroidの流れに沿わない面があると思います。

とは言え、日本での発売が待たれていたPixelが遂に発売されることになったのは実に喜ばしいことです。

大平正芳ー「戦後保守」とは何か

 

大平正芳―「戦後保守」とは何か (中公新書)

大平正芳―「戦後保守」とは何か (中公新書)

 

 私の実家は、旧広島4区のエリアにあり、首相の座にあった池田勇人氏の選挙区でもありました。池田首相を支え、宏池会の会長も務め、自身も首相になった大平正芳氏には、以前から強い関心も持っていて、本書も読んでみました。

平氏の歩みや政治家としての軌跡、政治家としての考え方や目指していたものが丁寧に紹介されていて、読み応えがありましたし、参考になりました。

副題が「戦後保守とは何か」とありますが、大平氏が戦後の保守政治家として目指していたものは、日本国憲法の基本理念を尊重しつつ、人々が単に経済的にだけではなく、人として、日本という地において精神的にも豊かに暮らせる、そういう国家社会であったということを強く感じました。保守というと、敗戦前の全体主義的なものへと回帰しようとしがちな「保守」的なものとは明確に一線を引いていたことを改めて認識しました。

首相の座にあった期間が長くなく、政争の中、志半ばで倒れた、その最期が返す返すも残念に思います。