刑事事件の分野を中心に活動する元検事の弁護士です

ブログやツイッターをご覧いただき、ありがとうございます。2004年6月以来、様々な事件、事故、事象についてコメントし現在に至っています。本ブログ内の検索機能も利用されつつ、気楽にご覧いただければと思います。
テレビ等、各種メディアの取材を受けることが時々あります。その一端は、

http://tvtopic.goo.ne.jp/cast/cid/75233/0/0/1.html

を参照してください。
取材を受けこのように紹介されることもあります。

元検事の弁護士で、1989年に任官後、11年5か月、捜査・公判に従事し、弁護士に転じた後、2000年から2007年までは、ヤフー株式会社法務部でも勤務していました(ネットトラブル全般を担当)。
取扱分野や過去の活動状況等は、

http://d.hatena.ne.jp/yjochi/about

の通りです。
刑事事件全般のほか、民事、刑事両面にまたがる問題、インターネットが絡む問題について相談、依頼を受けることが比較的多い状況です。紛争事前防止、紛争発生後の顧問・コンサルティング、警察・検察やマスコミへの対応も依頼されることがよくあります。社外取締役監査役等についてもお気軽にご相談ください。
民事に関する各種紛争、離婚、相続等、民事・家事事件についても対応しています。
取材、講演(刑事司法全般、過去及び現在進行中の刑事事件、インターネットに関する諸問題、コンプライアンス等)についても、幅広く対応可能です。
特に、刑事事件は、迅速な対応が、より適切、妥当な結果へとつながる場合が多いため、早めのご相談をお勧めします。
対応エリアは日本全国で、海外についても事案の内容等により可能です(海外出張についても可能な限り対応します)。
なお、
安田 剛弁護士
http://d.hatena.ne.jp/takanawa2009/20150126/1422253673

と協力関係にあります。

お問い合わせは、本ブログのリンク集にある「お問い合わせ」フォームからお願いします。
お急ぎの場合は、

   050-5274-1118

へ。
なお、いずれのお問い合わせにも、内容により返信できない場合がありますので、予めご了承ください。言うまでもありませんが、いたずら等は厳禁します。

追記(平成21年7月5日):

メールマガジンを始めます。平成21年7月6日創刊です。

http://d.hatena.ne.jp/yjochi/20090705#1246798142

このエントリー横の「メルマガ登録・解除」をご参照ください。

追記(平成26年6月22日)

クレジットカードによる御支払が可能になりました。

Square
https://squareup.com/jp

のシステムに依っています。御利用可能金額の制限などがありますので、詳細は御利用の際に説明します。

ゴーン被告側の準抗告棄却 東京地裁、勾留長期化へ

ゴーン被告側の準抗告棄却 東京地裁、勾留長期化へ(共同通信) - Yahoo!ニュース

東京地裁は17日、会社法違反(特別背任)などの罪で起訴された日産自動車の前会長カルロス・ゴーン被告(64)の保釈を認めない決定に対する弁護人の準抗告を棄却した。弁護人が同日、準抗告していた。ゴーン被告は最初の逮捕から約2カ月にわたって東京拘置所に勾留されており、さらに長期化することになった。

起訴されると、勾留中の被告人は保釈請求できる状態になりますが、その際に、保釈を阻む理由になりやすいのが「罪証隠滅の恐れ」です。

被告人が否認している場合は、罪証隠滅の蓋然性が高いと判断されやすくなり、また、ゴーン氏の事件に即して言えば、元日産の会長、現在もルノーの会長という立場に基づく影響力(フランス大使がわざわざ東京拘置所まで面会に来るだけの人物ですから、その影響力には多大なものがあるでしょう)、公判で供述する可能性がある関係者が相当数にのぼり、そういった人々との通謀、働きかけの蓋然性が高いと見られやすいといったことから、起訴直後である現在における保釈は、なかなか認められにくいケースと言えると思います。

今後、公判前整理手続が採用される可能性が高いと予想されますが、その手続が進み、争点や証拠の整理がついてくる中で、罪証隠滅の恐れの程度が低減してきて、第1回公判前であっても保釈が認められるケースは結構あります。今後は、そのような手続の流れの中で、どのタイミングで保釈許可となるかが焦点になりそうです。

ただ、検察庁が弁護人に開示する証拠は相当数にのぼると推測されますし、争点や証拠の整理がついてくるまでには、それなりの時間がかかるでしょう。

保釈時期の予測はなかなか難しいものがありますが、早くて3月から4月、可能性が高いのは夏前あたりという感じでしょうか。今後の動向を注視する必要があると思います。 

Apple、iPhone XSとXR向けのバッテリーケース発売

Apple、iPhone XSとXR向けのバッテリーケース発売 | TechCrunch Japan

今回はこのこぶが背面のほとんどを覆っている。これで、手に持った時の感触はさほど妙なものではなくなるはずだー少なくとも見かけはややましだ。

以前は、iPhoneのバッテリーの保ちが悪く、私も、バッテリージャケットを装着して使っていましたが、最近はかなり改善されてきて、私も使わなくなっています。

ただ、ハードに使ってバッテリーが心細シクなることもありますから、こうした製品には魅力を感じます。

記事にもあるように、新製品は、背面の盛り上がりが、前よりも(ぽこっと盛り上がっている感じでしたが)改善されているようです。ただ、あまり格好良いとは言い難いものを感じます。

価格も安くはなく、導入すべきか、考えるところであり、私自身、迷い中です。 

オペレーション・クロマイト(DVD)

 

オペレーション・クロマイト [DVD]

オペレーション・クロマイト [DVD]

 

 映画館で観たかったのが観られなくて、DVDで買っていたのを最近になって観ました。予想以上に楽しめました。

朝鮮戦争の戦局を一変させた仁川上陸作戦において、占領地で情報収集活動をしていた韓国軍の将兵に光を当てつつ、作戦を、周囲の反対を押し切って実行にこぎつけたマッカーサー将軍の信念、リーダーシップも描いていて、なかなかの出来だと感じました。

前に、仁川にある上陸作戦記念館に見学に行った際、記念館の中庭に、国連軍に参加した国の国旗が掲揚されて、その先頭に国連旗が立てられていたのを、鑑賞しつつ思い出しました。朝鮮戦争について、さらに勉強する意欲が湧いてきました。

新成人 式典で暴れる騒ぎも 平成最後の成人式

新成人 式典で暴れる騒ぎも 平成最後の成人式(ホウドウキョク) - Yahoo!ニュース

平成最後の成人の日の14日、各地で式典が行われている。
2019年は、125万人が成人となる。

 自分が20歳になった頃を思い出すと、大学で司法試験目指して勉強していたことばかりが思い出されます。明るさも華やかさもなかった日々が、うっすらとした記憶の中で浮かび上がってくる感じです。

新成人の皆さんには、できるだけ、読書することを勧めたいと思います。いろいろな人を見ていると、本を読む人は、思慮深くなりやすく思考力も深まる印象があります。様々な情報が飛び交う中、いかに自分をしっかりと持っておくか、それを支える大きな力になるのは読書でしょう。数多く読む必要もなく、良書を、しっかりと読むことで、強靭な人格を形成することへとつながるように思います。

ここまで来るまでの、様々な人々の指導、助力への感謝の気持ちを忘れず、健康に留意して、人生で大きな花が咲かせるように頑張ってほしいものです。

 

ドコモのiPad/iPad Proの維持費いくら?最安プランをシミュレーション

ドコモのiPad/iPad Proの維持費いくら?最安プランをシミュレーション

一般的には、「iPad=高額」というイメージがありますよね。しかも、iPhoneを持っている方にとっては、似たようなことができるiPadには、どうしても手を伸ばしづらいもの。

でも実は、iPadにはそこまで価格が高くない機種もあるのです。

私の場合、複数のタブレットスマートフォンを利用するため、DMMモバイルのデータSIMを、マックスの3枚使える状態にして、それぞれを端末に入れて使っています。その時々のデータ使用量に応じて、翌月のデータを上げたり下げたりできますし、アプリでデータ使用量を把握できるので、便利に感じています。MVNOなので、料金も、ドコモ等のメガキャリアに比べて割安感があります。

記事で紹介されているような、ドコモ利用者がサブでタブレットを使うプランがMVNOに比べて使いやすい場合もありますから、使う端末の数や使う見込みのデータなどを見つつ、MVNOと比べて、お得で使いやすいプランを選ぶのが良いと思います。

セルラーwifiモデルを選ぶかも、ケースバイケースですが、たまにタブレットを使う程度であれば、スマートフォンテザリングで十分でしょう。パッと開いてパッと使いたい、迅速性重視であればセルラーモデルにしておくと無難です。そこも、使い方、好み次第でしょう。

 

運転免許証の偽造、海外サイト野放し 大きさや形は本物と酷似、悪用の犯罪相次ぐ

運転免許証の偽造、海外サイト野放し 大きさや形は本物と酷似、悪用の犯罪相次ぐ(毎日新聞) - Yahoo!ニュース

運転免許証は偽造防止のため1973年に透かし模様が入り、2009年から順次ICカード化されている。懐中電灯などで光を当てれば透かし模様やICチップの有無が分かる。だが、携帯電話や口座の契約時に身分証明書で本人確認している販売店や金融機関の窓口では、そこまで確認されていないのが実情だ。一方で捜査幹部は「透かしとICチップがなければ偽造は難しくない」と話す。

運転免許証は、各種手続の本人確認に多用されていて、それだけに、こうした偽造運転免許証は悪用できる旨みがあるでしょう。

海外での偽造を防止することは不可能ですから、本人確認の際に、警察が保有する運転免許のデータベースと照合、確認できるようにするとか、別の工夫をしないと、いつまでも、偽造された運転免許証の悪用が繰り返されることになってしまいます。

今後も大きな問題になっていく、深刻な事態だと思います。