刑事事件の分野を中心に活動する元検事の弁護士です

ブログやツイッターをご覧いただき、ありがとうございます。2004年6月以来、様々な事件、事故、事象についてコメントし現在に至っています。本ブログ内の検索機能も利用されつつ、気楽にご覧いただければと思います。
テレビ等、各種メディアの取材を受けることが時々あります。その一端は、

http://tvtopic.goo.ne.jp/cast/cid/75233/0/0/1.html

を参照してください。
取材を受けこのように紹介されることもあります。

元検事の弁護士で、1989年に任官後、11年5か月、捜査・公判に従事し、弁護士に転じた後、2000年から2007年までは、ヤフー株式会社法務部でも勤務していました(ネットトラブル全般を担当)。
取扱分野や過去の活動状況等は、

http://d.hatena.ne.jp/yjochi/about

の通りです。
刑事事件全般のほか、民事、刑事両面にまたがる問題、インターネットが絡む問題について相談、依頼を受けることが比較的多い状況です。紛争事前防止、紛争発生後の顧問・コンサルティング、警察・検察やマスコミへの対応も依頼されることがよくあります。社外取締役監査役等についてもお気軽にご相談ください。
民事に関する各種紛争、離婚、相続等、民事・家事事件についても対応しています。
取材、講演(刑事司法全般、過去及び現在進行中の刑事事件、インターネットに関する諸問題、コンプライアンス等)についても、幅広く対応可能です。
特に、刑事事件は、迅速な対応が、より適切、妥当な結果へとつながる場合が多いため、早めのご相談をお勧めします。
対応エリアは日本全国で、海外についても事案の内容等により可能です(海外出張についても可能な限り対応します)。
なお、
安田 剛弁護士
http://d.hatena.ne.jp/takanawa2009/20150126/1422253673

と協力関係にあります。

お問い合わせは、本ブログのリンク集にある「お問い合わせ」フォームからお願いします。
お急ぎの場合は、

   050-5274-1118

へ。
なお、いずれのお問い合わせにも、内容により返信できない場合がありますので、予めご了承ください。言うまでもありませんが、いたずら等は厳禁します。

追記(平成21年7月5日):

メールマガジンを始めます。平成21年7月6日創刊です。

http://d.hatena.ne.jp/yjochi/20090705#1246798142

このエントリー横の「メルマガ登録・解除」をご参照ください。

追記(平成26年6月22日)

クレジットカードによる御支払が可能になりました。

Square
https://squareup.com/jp

のシステムに依っています。御利用可能金額の制限などがありますので、詳細は御利用の際に説明します。

大不評の「高輪ゲートウェイ駅」。鉄道関係者が「予想どおり」と話すワケ

大不評の「高輪ゲートウェイ駅」。鉄道関係者が「予想どおり」と話すワケ | ハーバービジネスオンライン

これまでも武蔵野線の「越谷レイクタウン駅」のように、カタカナ混じりの駅名に当初“センスなさすぎ”と批判が集まった例も多い。空港でも中部国際空港の愛称「セントレア」もすいぶんと批判されたものだ。それでもいつしかすっかり馴染んでしまった。非難轟々の「高輪ゲートウェイ駅」も、開業してしばらくすれば慣れてしまうものなのかもしれない。

 私も、最初聞いたときに、カタカナ混じりで、他の山手線駅とバランスが悪くて違和感を感じましたね。

ただ、新駅の場所は高輪ではないですし、「高輪駅」にしてしまうのも、ちょっとどうかという気がします。高輪という、伝統があり知られた名前と、「ゲートウェイ」を合体させることで、地域性を出しつつ広がりも持たせたいといった狙いがあったのかもしれません。

また、記事にもありますが、既存の「白金高輪駅」「高輪台駅」に加えて、「高輪駅」にしてしまうと、高輪、高輪、高輪となって紛らわしそうで、毛色の変わった名前にすることで区別しやすくするという意図もあったかもしれないという気がします。

私自身は、これだけの騒ぎで(笑)、この名前を何度も見たり聞いたりしているうちにかなり慣れてきて、違和感はそれほどではなくなりました。

そろそろあの世へのゲートウェイにも差し掛かりつつあるような気がしていますが、新駅ができるのが楽しみです。

 

本ブログにおける「刑事弁護」カテゴリーの新設

本ブログでは、従来、刑事関係の話題を「刑事事件」というカテゴリーに入れて分類してきました。

ただ、そこでは、刑事関係の様々な話題を取り上げてきていて、落合に刑事弁護を依頼していただく際の情報が拡散している傾向がありました(そのような観点で情報を整理、提供して欲しいという声も過去にありました)。

そこで、新たに「刑事弁護」というカテゴリーを作って、刑事弁護に関するエントリーを分類することにしました。

本ブログでは、過去に、相当数にのぼる刑事弁護関係のエントリーもアップロードしており、それらは、今後、適宜まとめつつ、「刑事弁護」というカテゴリーで括っていく予定です。

新たにブログを立ち上げるより、そのほうがわかりやすいという判断に基づきます。

今後とも本ブログをよろしくお願いします。

 

 

首相の祝辞、異例の見送り 日韓議連総会、関係の悪化で

首相の祝辞、異例の見送り 日韓議連総会、関係の悪化で(朝日新聞デジタル) - Yahoo!ニュース

合同総会には日韓両国の与野党国会議員が出席し、日本の首相と韓国の大統領が祝辞を寄せるのが通例。だが、最近の両国関係では、韓国大法院(最高裁)が日本企業に対して元徴用工らへの賠償を命じ、慰安婦問題で日韓合意に基づいて設立された財団を韓国政府が解散する方針を表明。祝辞や親書を出さないことに、日本政府関係者は「関係が冷え込むなか、何も言うことはない」とする。

人と人との関係もそうですが、国と国との関係も、良い時もあれば悪い時もあります。しかし、悪いからといって更に悪いほうへと進むままにしておけば、好転はなかなか臨みにくいでしょう。

悪い時に、ベタベタとした関係は無理であり、言うべきことを毅然と言い、必要に応じて厳しい措置を講じざるを得ない場合もあります、しかし、根底において友好を望む、そこは確実に押さえておいて、常に対話の窓口は開けておき、関係好転への姿勢を持っておくことが大切なことだと思います。

その意味で、祝辞という形ではないにせよ、なんらかのメッセージを出して、関係改善を臨む姿勢が示せなかったのか、残念な気はします。 

ピザを焼き上げ、国内唯一の自販機 SNSで人気呼ぶ

ピザを焼き上げ、国内唯一の自販機 SNSで人気呼ぶ(朝日新聞デジタル) - Yahoo!ニュース

自販機なら、いつでも熱々のピザが食べられる。そう考えて調べたところ、行き着いたのがイタリア製のもの。「輸入したら商機になるのでは」と思いついた。9年前、現地の会社にメールで連絡を取ったが、思うようにいかない。それならば、と単身イタリアに飛んだ。
別の会社と交渉を重ね、去年、ようやく輸入できた。タッチパネルを日本語に変え、気候が異なる国内でもスムーズに使えるよう、湿度対策で部品も交換した。

 おもしろいものがあるものだな、と思い、この記事に目が留まりました。私の郷里の広島にあり、今後、機会があれば試してみたい気がします。

3年前に、大腸ポリープの切除手術で3日入院し、2日目の夕方まで絶食、点滴状態で、2日目の夕方にやっと食事が取れましたが、いかにも簡素な味気ないもので、夜、空腹感に耐えきれなくなって、病院のロビーにある自動販売機で、口に入るものをいくつか買ってきたむさぼり食ったことが、なぜか記事を読んで思い出されました。

iPhone XS向けのアップル純正バッテリーケースが年内発売? 新たな画像がリーク

iPhone XS向けのアップル純正バッテリーケースが年内発売? 新たな画像がリーク - Engadget 日本版

3つのモデルの識別子には、ホームボタンがないiPhoneの3サイズ(5.8インチ、6.1インチ、6.5インチ。それぞれiPhone X/XS、iPhone XRiPhone XS Maxに対応)のサポートが示されているとのこと。これが本当であれば、アップル純正スマートバッテリーケースとして初めて大型のPlus(Max)サイズが提供されることになります。
さらに9to5MacがiOS内で発見した別の識別子からは、アップルが2018年内にこれらのケースをリリースする予定であることが示唆されているとのこと。

従来のアップル純正バッテリーケースは、一部の機種にしかなく、また、背面が出っ張っていて、アップルらしいスマートさに欠けると、あまり評判は良くなかった経緯があります。

私自身、最新iPhone、最新OSになってバッテリーの保ちが、やや落ちた印象があり、こういった純正バッテリーケースには興味を感じますし、根強い需要があるでしょう。

今後、実際に発売されるか不透明ですが、気になるものではありますね。 今後に期待されます。

信号待ちトラックの車体に潜り、ひかれる 11歳男児死亡

信号待ちトラックの車体に潜り、ひかれる 11歳男児死亡(産経新聞) - Yahoo!ニュース

県警佐倉署によると、信号待ちをしていたトラックの車体下にサッカーボールが入り込んでしまい、そのボールを取ろうしたとみられている。

 大人であれば、まず、トラックの運転席にいる人に声をかけ、安全を確認してからボールを取ろうとするところですが、夢中になっていたのか、子供は、思いがけない行動に及んで事故になるということを痛感します。気の毒な事故で心が痛みます。

日頃の教育の中で、こういうことは危ないとか、過去にこういう事故が起きたといったことを、意識して子供達に教えることの重要性を感じます。こういう事故が起きないためには何ができるかということを、大人は常に考えなければならないでしょう。子供達を皆で守り育てる、そういう社会にしたいものです。